2012年06月06日

シートクッションカバー製作 コットン

シートクッションカバーの製作です
生地は 綿100% 厚手の生地です
サイズは 60cm*60cm マチ10cm 120cmファスナー仕様です




sccc001.jpg

15mmの縫い代で裁断します
個人で洋裁しているかたもおられるようなので参考まで

裁断寸法(仕上がりサイズ 600mm*600mm*100mm)
座面            630mm*630mm  2枚
マチ(ファスナー部分)   80mm*1270mm  2枚
マチ(ファスナー部分以外) 130mm*1190mm 1枚
ファスナー長さ       1200mm     1本

仕上がりサイズや ファスナーの長さが違う場合は
上記裁断寸法から スケールアップ・スケールダウンしてください





sccc002.jpg

裏表間違えないよう ファスナーをマチの部分の生地へ ロックした糸目に合わせて縫い付けます

sccc003.jpg

ファスナーが長いので 端でずれないように気をつけます




sccc004.jpg

sccc005.jpg

表からファスナーに合わせて ぐるりと縫い付けます




sccc006.jpg

マチの部分を縫い合わせます

ポリエステル素材や伸縮しやすい生地など
マチ付の場合 生地の 縦・横 それぞれ縫い合わせるので
ファスナー部分とそれ以外のマチの部分は縫い合わせずに
調整できる縫い代として残して ほつれ止めのロックだけかけておき
最後に座面と縫い合わせたほうがよいかもしれません
(ほんのわずかでも座面とマチ部分が合わないとなかなかきれいに仕上がらないです)





sccc007.jpg

それぞれの辺の中央を合わせて縫い合わせます



sccc008.jpg

15mmの縫い代で縫い合わせます

sccc009.jpg

現場用に以前購入した小さなサシガネです
カーテンボックスのような狭い場所で使用するために購入したのですが
手のひらサイズなので縫製する際にも重宝します
ホームセンターで 数百円だったと思います
名前は 三寸法師です




sccc011.jpg

sccc012.jpg

コーナーの部分は 角が出るように注意して縫います
ミシンの押さえは 片押さえを使っています 
ファスナーまわりや角を縫うさいに 使いやすいです
右・左 ありますが1つは持っておきたいです





sccc013.jpg

マチ部分と座面とをあわせて ロックミシンでぐるりとロックかけます
いすカバーなどで
(座面・背・マチなど一点に生地が集まる 薄い生地などでロックをかけるとしわが出やすいなど)
マチ部分と座面別々にロックをかける場合もあるのですが
クッションの場合 一緒にロックをかけるほうがほつれにくく強度も出ると思っています




sccc014.jpg

今回は2色 計8枚製作でした

sccc015.jpg

別途製作した パイピングクッションカバーとともに 納品です











posted by FABRIC-KOUBOU at 20:07| Comment(2) | TrackBack(0) | クッションカバー
この記事へのコメント
はじめまして。
ソファの座面部分のクッションを交換したついでにカバーも新しく縫おうと思ったのですが、もともと付いていたカバーが、こちらで紹介されているようなロングファスナーを使ったものだったので、一般には縫い代をどのくらい見ておけばいいのか探していて、こちらにたどり着きました。
制作過程の写真もあって、とても参考になりました。
ありがとうございました。
Posted by トマトパスタ at 2012年07月28日 05:54
トマトパスタ様 コメントありがとうございます
お役に立てて何よりです

インテリア・縫製など 参考になれるような
ブログになればなと 日々思っています


              ファブリック工房
Posted by ファブリック工房 at 2012年07月28日 08:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56288992
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック