2012年06月10日

テーブルランナー マルチカバー 製作

今回はお客さまお持込の生地
マルチカバー 額付のテーブルランナー加工です


マルチカバー

mcp001.jpg

生地は ポリエステルのカーテン生地のようです
リバーシブルで使用して ヘム3つ折り角の部分を斜めに仕上げて下さいとのことでした

mcp002.jpg

ヘムを25mm三つ折りで縫製します

mcp003.jpg

25mmなので 50mmで斜めに折り三つ折りにしていきます
(生地に巻き癖があり縫製 苦労しました)

mcp004.jpg

mcp005.jpg

縫製します

mcp006.jpg

こんな感じです



mcp007.jpg

裏側

mcp008.jpg

共生地で クッションも製作しました




テーブルランナー

mcp009.jpg

生地は ポリエステルと思われます
裁断すると 生地がほつれてくるので周囲ロックをかけました
額に使用するのは 畳の縁です(手芸生地屋さんではいろいろ販売してますね)
仕上がり巾 320mmと360mm・450mmで 320mmは額を細く(4つ折り)
360mm・450mmは 額を広く(2つ折り)で仕上げます



mcp010.jpg

バイアステープの縫製のように
折り目をつけ縫いつけていきます

mcp011.jpg

コーナーの部分は生地のそれぞれの辺に合わせて 角がずれないようにしながら
テープをくいっとまげ 

mcp012.jpg

三角に倒し きわまで縫います

mcp013.jpg

返し縫して一度針を抜き テープの三角部分を反対に折り倒し 針をきわで落とし
返し縫して 縫っていきます

mcp014.jpg

仕上がるとこんな感じです

mcp015.jpg

テープの継ぎ目が目立たないようにとのことなので
角で縫い合わせています 
今回は生地がそれほど厚くないのでよいのですが
厚い生地だと(生地が幾重にも重なるので)出来ない場合もあります

mcp016.jpg

仕上がりはこんな感じです
使用している畳の縁 こしがあるので縫製ちょっとだけ大変でした



額 二つ折り

mcp017.jpg

mcp018.jpg

マルチカバー・テーブルランナー など
ちょっとしたアクセントとして使用するのもよいですね




畳の縁 と カーテンの芯地

mcp019.jpg

上 弊社使用の75mmニット芯地
下 今回使用した畳の縁

先日 東京の卸やさんと話していたのですが
カーテンが一般的に普及しだしたのが 戦後のことで
RC造のアパートが建設されはじめ そのころはインテリアという言葉も一般的ではなく
(室内装飾と言ってたそうです) 洋風な生活スタイルがもてはやされるようになり
和室が減り 洋室(畳からフローリングへ)が増えました

現在一般的にカーテンの芯地の幅 75mmが多いのですが
もともとは畳の縁の寸法が75mmで 需給の関係で 縁を製作していた工場が同じ機械でも
製作できるカーテン芯地を製作したのがはじまりで
現在 おおくのカーテンの芯地の幅が一般的に 75mmとなっているようです










posted by FABRIC-KOUBOU at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | マルチカバー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56368897
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック