2012年06月14日

生地を斜めに使う

リネンやコットンの生地だけではなく
多くの生地は 縦と横の糸で織られています

カーテンやマルチカバーなどの加工をしています
ほとんどが 水平・垂直 で直線仕上げするものが多いのですが

円形仕上げのものや ヒダを曲線のように仕上げるものもあります

今回は平織り生地の 使用する方向による仕上がりの違いについて


tok001.jpg

生地はコットン 100%です

tok002.jpg

生地を横方向にまげて

tok003.jpg

ループ状にしてみます
きれいに曲がらず 角が立っています

tok004.jpg

生地を縦方向にまげて

tok005.jpg

ループ状にしてみます
きれいに曲がらず 角が立っています

tok006.jpg

生地を斜めにまげて

tok101.jpg

ループ状にしてみます
きれいに曲がっています



tok007.jpg

リネン 100%薄手生地

tok008.jpg

生地を横方向にまげて ループ状にしてみます
きれいに曲がらず 角が立っています

tok102.jpg

生地を縦方向にまげて ループ状にしてみます
きれいに曲がらず 角が立っています

tok009.jpg

生地を斜めにまげて ループ状にしてみます
きれいに曲がっています



tok010.jpg

コットン100%厚手生地

tok012.jpg

生地を横方向にまげて ループ状にしてみます
きれいに曲がらず 角が立っています

tok011.jpg


生地を縦方向にまげて ループ状にしてみます
きれいに曲がらず 角が立っています

tok013.jpg

生地を斜めにまげて ループ状にしてみます
きれいに曲がっています





すべての生地にあてはまるわけではありませんが
画像ではわかりにくいですが 実際にやってみるとよくわかります

洋裁などでもよく使うバイアステープは まっすぐ縫い付けるだけではなく曲げたり
様々な使い方をするので よれたりしわになりにくいよう
斜めにカットしてあります



必要に応じて 生地を斜め使いするのですが
使用する生地の要尺が多くなる(金額が高くなる)
チェックやストライプなど柄を優先するなど
状況に合わせて打ち合わせ縫製します








posted by FABRIC-KOUBOU at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然素材生地 特性
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56479730
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック