2013年10月11日

シートクッションカバー パイピング仕様

マチ付のシートクッションカバー
プレーン仕様でよく製作していますが
今回は お見積もり依頼があったこともあり
パイピング仕様のシートクッションカバーの試作です
生地は弊社で取り扱っている リネンコットンワッシャーです
サイズは 60cm×60cm×10cm(マチ) ファスナー120cm

基本的には 以前ブログで紹介した
http://fabric-koubou.sblo.jp/article/56288992.html) 
シートクッションカバーに パイピングをはさみこんで 縫製することになります


パイピングはいつもと同じ スピンドル8×8 を共布ではさんで製作します
マチの部分は このパイピングを スケール代わりに縫い付けていくので
ロックミシンで 切り落とし・ロックをかけて 
仕上がりになるラインと 切り落とした端までの寸法を測ります
(ロックミシンの種類や 押さえ・生地の厚みで微妙に違ってきます)

sccp60-02.JPG




sccp60-01.JPG

座面になる生地に ぐるりと作っておいたパイピングを縫い付けます



sccp60-03.JPG

パイピングを縫い付けたら ファスナーをつけたマチの部分をパイピング押さえを使って 
縫い代(15mm)でパイピングを定規にして縫い付けていきます



sccp60-04.JPG

sccp60-05.JPG

角の部分は 針をカバーの角になる部分にきちんと落としこんで
マチの生地をくいっと引っ張って曲げながら
縫い合わせます



出来上がったら 弊社で取り扱いしている 
スモールフェザーヌードクッション(マチ付)製作したカバーと同サイズ
にカバーリングします

sccp60-06.JPG

sccp60-07.JPG

上から


sccp60-08.JPG

角の部分


sccp60-09.JPG

横から 厚みは20cm程度です(フェザー充填量は約2,750gです)


パイピング付のクッションは 海外製のソファーでよく見かけます
パイピングの太さを変えたり 色を変えたり デザインもいろいろあります
プレーンタイプと比べると 四角のラインが強調され 引き締まったイメージです


今回は 綿麻の生地で試作製作しましたが
個人的には 麻100%の しわ感のある生地で フェザーの容量を減らして
くたっとした 仕上がりが良いかなと 思ったりもします(使い勝手にもよりますが)


今後 弊社 ネットショップにてご紹介しようかなと思っております

またその他 ご要望・ご希望などあれば お気軽にご連絡ください
お急ぎではない場合は メールにてお願いいたします
           info@fabric-koubou.com


posted by FABRIC-KOUBOU at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | クッションカバー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/77941669
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック