2012年10月30日

シェードメカを使用しない シェード製作

先日 ブログにて紹介した
手動式の シェードカーテンサンプル

sb002.JPG

お客様に見て確認いただき
このタイプでお願いしますとのことで

シンコールのプリント柄レース生地にて 製作です


sb07.JPG

上部 カーテンの芯の部分はギャザータイプです

sb11.JPG

ギャザータイプの芯地は 芯に通してある紐を引き
生地を寄せて仕上げていきます


sb08.JPG

今回は両サイドとはぎあわせに シェード用のリングテープ(@15cm)を縫いつけ
昇降コードを通し
裾下部には ウェイト・コードアジャスターを取り付けます

sb12.JPG

裾のウェーブスタイルは 
昇降コードを好きな位置でコードアジャスターに巻きつけて
生地をたくしあげて調整します


上部はマジックテープではなく
レールにさげるので 

sb09.JPG

sb10.JPG

普通のカーテンと同じ
両開きタイプとしています


今回のお客様 弊社へ3回目のご依頼で
長く御使用のレースカーテンのお取替えで とてもお部屋の雰囲気が明るくなりました

別途 のれんタイプのポール通しカーテン、リビング遮光カーテン 納品しました
またシェードメカを使用しないこともあり 大変お安く提供できました


出窓などのカーテン 紐を巻きつけたり ちょっと手間はかかりますが
気分に合わせて スタイルを変えてはいかがでしょうか



posted by FABRIC-KOUBOU at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | シェード

2012年10月19日

手動式シェード サンプル製作

先日お客様より カーテンカタログの写真のような
スタイルカーテンが欲しいとご要望があり
カタログで確認すると 出窓の3連バルーンシェードスタイルでした

お見積もりして お話いていると
上下に昇降させることはあまり無く シェードのメカを使わず
このスタイルにして欲しいとのことで

今回は 手動でスタイルを変えられるタイプの
サンプルカーテンを製作して 実際に確認して頂くことにしました


sb001.JPG

ギャザースタイルのカーテンに シェードに使用する リングテープを縫いつけ
仕上げます (サンプルなので裾など仕上げ省略しています)
最近は ギャザースタイルが減ってきていて 
今のところギャザーテープ在庫ある分の製作とさせていただいております


sb002.JPG

バルーンシェードのように


sb003.JPG

中央の部分だけたくし上げたり


手動で 紐を コードアジャスターに巻きつけ調整するだけなので
お好みのスタイルにすることができます

sb004.JPG

裏側 上部

sb005.JPG

裏側 下部
昇降する紐の下部にはウェイトを取り付けます


sb006.JPG

シェードに使用する部材を使っています


出窓タイプのシェードメカを使用しないのでとてもお安くなります

今回は ギャザータイプですが 山ひだなどでも加工できます

柔らかい生地であれば 製作できます
(店内サンプル用にリネンガーゼで製作してみようかと思っています)

既存のカーテンにも加工できます
ただし 使用している生地の倍率が少ないものは(既成カーテン1.5倍ヒダ等)
ゆったりとしたドレープ・ウェーブが取れないので
2倍ヒダ以上のものをお勧めします



後日 サンプル お客様に確認していただき
生地を仕入れ 製作する予定です





posted by FABRIC-KOUBOU at 10:57| Comment(0) | TrackBack(0) | シェード

2012年09月12日

シェード修理

弊社 シェードやブラインドなどの修理お問い合わせいただき
部材交換など ご依頼を受けます

先日 弊社施工物件ではないのですが 修理のご依頼を受けました

120405_1308~01.jpg

プレーンシェードがスムーズにあがらなくなったとのことで
見てみると 昇降させる紐(コード)が痛んでいました
コード式で 紐の交換をと思い メーカーによって紐の太さ異なる場合があるので
メカを調べてみると メーカー名の表示がありませんでした

120405_1308~03.jpg


各メーカー 特許やデザインあるので 部品にメーカー名表記するのが一般的なのですが
おそらく 有名メーカーの模倣品だと思われます



120425_1555~01.jpg

今回は 取引のあるメーカーの紐を取り寄せて 交換して無事修理できました

基本的に 普通のきちんとした カーテン・シェードの販売店では 
信頼のあるメーカーのメカを利用販売しています
たまにですが 今回のような模倣品のメカを見かけることがあります
メンテナンスを考えると 昇降紐などは消耗品なので 痛んだ場合交換が必要になります

カーテンやシェードなど 生地のデザインに目が奪われがちですが
永くおつかいになる場合は 隠れているメカのメーカーにも こだわって頂きたいと思います


120405_1317~01.jpg

120405_1324~02.jpg

メーカー品だと よほどのことがない限り数年で部品が 壊れることありません
メーカーが判らないないと 部品のみの交換修理ではなく
最終的には メカ全体の交換となってしまいます

弊社 シェードメカにつきまして TOSO・サイレントグリスを お勧めします

 

福岡近郊のお客様になりますが 様々修理等ご相談ください
また DIY SERVICE 様と業務提携いたしました
ハウスクリーニング・営繕リフォーム・水周りトラブル・防犯など
お困りのこと お気軽にご相談ください
ご相談はこちらから http://diy-service.jp/qhm/index.php?FrontPage



posted by FABRIC-KOUBOU at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | シェード