2012年08月09日

シートクッションカバー 試作製作

先日 ブログを見られた 埼玉のお客様より 
現在御使用の ソファーの座シートカバー製作のご相談がありました

シートのサイズを測るのが難しく 
お持ちのコットンキャンバス生地にて作りたいのですが
洗濯すると 縮みが出る場合あるので その点も含め
メールにて お打ち合わせをさせていただきました

遠方なのでお伺いすることができず
今回は まず1枚だけ試作を製作して サイズ等ご確認していただき
加工縫製することとしました

縮みについては 加工前に 洗いをかけて
生地を落ち着かせて製作します



ctnarai001.JPG

水につけて 押し洗いをして



ctnarai002.JPG

乾燥させて



ctnarai003.JPG

アイロンをかけて しわを伸ばします
今回のコットン生地 3〜4cm程縮みました



ctnarai004.JPG

98cm*98cm  マチ12cm  ファスナー180cm(コの字) にて製作しました


お客様にお送りして確認していただき サイズ・縫製とも良かったです とのことで
残り5枚分 本製作にかかります



ctnarai005.jpg

今回は お客様より カバーをかぶせた画像まで送っていただきました(ありがとうございます)
うまく収まって ほっとしています




お問い合わせ・ご相談は お気軽に
弊社ホームページ http://fabric-koubou.com/ 
お問い合わせ   http://fabric-koubou.com/mail.html  よりお願いいたします



posted by FABRIC-KOUBOU at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | クッションカバー

2012年07月28日

円形クッション 中材(ウレタン・フェザー)

クッションの使い方にも いろいろあります
今回は 円形のまち付きクッション について
現在中材を ウレタンとフェザーとで 比較検討しています

発注しておいた ウレタンの中材が届いたので ご紹介します


encsnu004.JPG

円形のまち付き用 ウレタン中材



encsnu003.JPG

円形のまち付き用 フェザー中材



encsnu001.JPG

ウレタン中材にカーバーをかけたもの
生地がはった感じで しわなどあまり目立ちません
直線的な固いイメージです



encsnu002.JPG

フェザー中材にカバーをかけたもの(カバーは同じもの 綿100%生地です)
ふっくらと丸く 柔らかなイメージです
多少しわが出ます




使い方としては

ウレタン材のほうは程よく固いので フロアクッションのように
床において 直接座って使用するのに向いていると思います

フェザー材のほうは 背中や腰に当てたり
椅子やソファーなどの上で 緩衝材のように使用するのに向いているようです


カバーは同じですが 中材によって 見た目の印象も変わります
現在 お客様と 比較検討しています



posted by FABRIC-KOUBOU at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | クッションカバー

2012年06月06日

シートクッションカバー製作 コットン

シートクッションカバーの製作です
生地は 綿100% 厚手の生地です
サイズは 60cm*60cm マチ10cm 120cmファスナー仕様です




sccc001.jpg

15mmの縫い代で裁断します
個人で洋裁しているかたもおられるようなので参考まで

裁断寸法(仕上がりサイズ 600mm*600mm*100mm)
座面            630mm*630mm  2枚
マチ(ファスナー部分)   80mm*1270mm  2枚
マチ(ファスナー部分以外) 130mm*1190mm 1枚
ファスナー長さ       1200mm     1本

仕上がりサイズや ファスナーの長さが違う場合は
上記裁断寸法から スケールアップ・スケールダウンしてください





sccc002.jpg

裏表間違えないよう ファスナーをマチの部分の生地へ ロックした糸目に合わせて縫い付けます

sccc003.jpg

ファスナーが長いので 端でずれないように気をつけます




sccc004.jpg

sccc005.jpg

表からファスナーに合わせて ぐるりと縫い付けます




sccc006.jpg

マチの部分を縫い合わせます

ポリエステル素材や伸縮しやすい生地など
マチ付の場合 生地の 縦・横 それぞれ縫い合わせるので
ファスナー部分とそれ以外のマチの部分は縫い合わせずに
調整できる縫い代として残して ほつれ止めのロックだけかけておき
最後に座面と縫い合わせたほうがよいかもしれません
(ほんのわずかでも座面とマチ部分が合わないとなかなかきれいに仕上がらないです)





sccc007.jpg

それぞれの辺の中央を合わせて縫い合わせます



sccc008.jpg

15mmの縫い代で縫い合わせます

sccc009.jpg

現場用に以前購入した小さなサシガネです
カーテンボックスのような狭い場所で使用するために購入したのですが
手のひらサイズなので縫製する際にも重宝します
ホームセンターで 数百円だったと思います
名前は 三寸法師です




sccc011.jpg

sccc012.jpg

コーナーの部分は 角が出るように注意して縫います
ミシンの押さえは 片押さえを使っています 
ファスナーまわりや角を縫うさいに 使いやすいです
右・左 ありますが1つは持っておきたいです





sccc013.jpg

マチ部分と座面とをあわせて ロックミシンでぐるりとロックかけます
いすカバーなどで
(座面・背・マチなど一点に生地が集まる 薄い生地などでロックをかけるとしわが出やすいなど)
マチ部分と座面別々にロックをかける場合もあるのですが
クッションの場合 一緒にロックをかけるほうがほつれにくく強度も出ると思っています




sccc014.jpg

今回は2色 計8枚製作でした

sccc015.jpg

別途製作した パイピングクッションカバーとともに 納品です











posted by FABRIC-KOUBOU at 20:07| Comment(2) | TrackBack(0) | クッションカバー