2015年01月17日

コットンオックス 生地紹介

最近は がんばって セレクトした生地を
ホームページに UPしています

今回は コットン100% オックス生地を生地一覧にUPしました

20150117.jpg

色が豊富で 厚みがあり 無骨なイメージの生地です
フラットタイプ・ハトメタイプカーテン バッグなどにお勧めです

同じオックス生地で ハンドワッシャーしたものも
UPしているので よろしければご覧ください
http://fabric-koubou.com/kiji-cotton.html

また 最近美容室や店舗などで 間仕切り・目隠しなど カーテンのお問い合わせも多いです
その際は 防炎カーテンでなければなりません
弊社にて 天然素材の生地の見た目や素材感・質感が 変わらないことを
確認した生地にて 防炎加工を施したカーテンを製作いたします
オックス生地や帆布生地 お勧めです

詳細等は お問い合わせください
http://fabric-koubou.com/mail.html



posted by FABRIC-KOUBOU at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介

2015年01月09日

オックスプリント生地紹介

弊社取り扱い生地 無地ものが多く
柄物も欲しいとのご要望等もあり 
メーカー様よりいろいろとご紹介して頂きました

今回は 綿100% オックス生地 片面プリント Made In Japan です
オックス生地ですが それほどの厚みはなく(11号帆布より薄いです)
ソフト加工してあります 生地巾は150cm 
ノーホルマリン加工です(厚労省基準 ベビー用品として使用可)


oxprint001.jpg

シックなリーフ柄 5色


oxprint002.jpg

トリノストライプ 4色


oxprint003.jpg

花柄マリー 7色


oxprint004.jpg

織物柄ラパス 7色


oxprint005.jpg

花柄メリダ 5色


プリント柄なので他にも多数あります
ピックアップしてご紹介しました

用途は カーテン・クッションカバー・エプロン・バッグ・テーブルクロス などなど
広巾で 生地もそれほど厚いわけでなく 張りはあるけど柔らかさもあるので
用途は選ばない感じです




また別途 滑り止め裏生地を紹介してもらいました

sl03x.jpg

オフシロとクロの2色です 150cm巾
ポリエステル100%で アクリル樹脂のドットがあり滑り止めになっています
薄くて丈夫な生地で 家庭用ミシンでも取り扱えます

床に置いたシートクッションが滑る
テーブルランナーや玄関マットの裏側につけて 滑り止めとしてなど
また 手作りのスリッパの裏側につける方も多いようです

本革のソファーやピアノなどに長時間触れさせると
溶着や剥離など起こす恐れがあるので 取り扱いには要注意です

長期間 置きっぱなしにしないようお勧めします

上記ご紹介生地 一部HP生地一覧にUPしました  
     http://fabric-koubou.com/kijiindex.html


弊社では これからも
基本的に 見て・触って 気に入ったものを
時間がかかるのですが
画像だけではわかりにくいところを
言葉を探しながらご説明させていただき 
いろいろと ご紹介していきたいと思っております
よろしくお願いいたします












posted by FABRIC-KOUBOU at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介

2014年12月20日

色による 生地の風合いの違い

弊社では いろんな天然素材生地を 縫製・加工・販売しています

個人的に 以前より感じていることなのですが
同じ生地でも 染め色(顔料)により
生地の 硬さ・風合いが 若干ですが異なります

昔 マンセル色相環・色の波長 など勉強したことがあるのですが(資格取得のため)
色の波長の短いほうから長いほうへ 
紫・藍・青・緑・黄・橙・赤 なのですが(私の記憶によります)

ここからは 個人的な感想です
例えば 同じ素材の同じ生織でも染め色によって 生地の風合いが違います
縫製しているとよく感じるのですが 
波長の短い 紫色の生地は 硬く張りがあります
逆に波長の長い 赤 特にピンク系は 柔らかい場合がとても多いです

顔料素材による違いだと思うのですが
(波長の順に合わせたように硬さが変わる事が多いです)

特に 麻や綿生地の場合 個人的にですが 見た目だけではなく
触り心地にも 違いがあります

生地購入の際の 一助となればと思います


posted by FABRIC-KOUBOU at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地紹介