2018年06月11日

リネンカーテン 耐久性

今回は リネン生地のカーテン
5年程度使用しているものと
1年弱使用しているものを ご紹介します

以前にもブログにてご紹介しています
リネン生地の使用感などにつきまして
以前のブログはこちら 
http://fabric-koubou.sblo.jp/article/112067496.html
http://fabric-koubou.sblo.jp/article/181736717.html


今回は移転したこともあり カーテンを洗濯しようと思い
実験も兼ねています(お勧めしません)洗濯機にて 洗ってみました
ウェイトなど金属部品があるので
カーテンの場合破れたりすることがあります
ソフトモードというのがありましたので こちらで洗濯してみました

実際は 特に問題なく破れたりしているところはありませんでした
ただし お勧めしません
ご自分で洗濯する場合は 手洗いをお勧めします


こちらは薄手のリネン生地
ブライトカラーリネンシャンブレーです
IMG_20180611_103456.jpg

IMG_20180611_103531.jpg
5年程度使っています
特に問題はありません
ただ ピンクの色味は 薄くなっています

こちらは 1年ほど使っています 厚手のリネン生地
OA25171キナリ色
IMG_20180611_103340.jpg

IMG_20180611_103531.jpg
ハトメは外せないので そのまま洗濯機にて洗ってみました
こちらも 特に問題はありませんでした
アイロンがけが少し甘かったのか
少ししわがでています が このしわ感もリネンらしいと思います



リネン生地 丈夫で長持ちします
綿100%に比べると 硬いイメージがあり しわが付きやすかったりしますが
このあたりが リネン好きにはたまらないのかと思います





posted by FABRIC-KOUBOU at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地の耐久性

2015年01月15日

リネン生地耐久性・洗濯伸縮

2014年8月末に
ブライトカラーリネンシャンブレー生地にて
間仕切りカーテンを製作しました 
以前のブログはこちら http://fabric-koubou.sblo.jp/article/103239073.html

サンプル展示して5ヶ月ほどたちましたので
生地の状況を ご紹介したいと思います

20150115-001.jpg

現在のさげた状況です

20150115-002.jpg

20150115-003.jpg

20150115-004.jpg

縦縫い部分 手荒く扱っていますがほつれたりはしていません
カーテンの上部 こちらも 特に変わりありません



今回は 実験もかねて 手洗いで 生地の風合いの変化や
洗濯して縮み具合を検証してみました

20150115-005.jpg

水洗いで

20150115-006.jpg

麻・綿用の普通のスーパーなどに売ってある
粉末洗剤で バケツにて手もみ洗いです

20150115-007.jpg

よくすすいで レールにぶら下げて 乾燥です

20150115-008.jpg

水が滴ってくるので
バケツを置いて おきました

20150115-010.jpg

薄手のリネンなので乾きは早いです 室内で 2〜3時間程度で乾きます
アイロン(高)でアイロンをかけます

20150115-009.jpg

元通りにさげて 

20150115-011.jpg

縦縫い部分

20150115-012.jpg

今回は スカイブルーのみ洗濯しています
ピンク(同サイズです)は 比較のために洗濯していません
画像でわかるでしょうか
ほとんど縮むことはありませんでした
また 風合いもほとんど変わっていないようです(洗濯1回目)

今回のブライトカラーリネンシャンブレー(シックカラーリネンシャンブレーも同じです)
アパレルにも使用されている リネン生地で日本製です
(ご参考ください http://fabric-koubou.com/kiji-linen.html
染色されている生地は 染める前に水洗いをして(油や汚れを取るため)
染めの工程に入ります
基本的には この段階である程度縮ませるので 今回のように
洗濯してもほとんど縮まない生地もあります

ただし 太い織り糸の生地など 縮むものもありますので

参考・目安としていただきたいと思います














posted by FABRIC-KOUBOU at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地の耐久性

2012年06月09日

リネン生地 縫製 耐久性

キャンバス生地 耐久性・強度 あるのはわかっているのですが
個人的に 確認したくなりました

生地は リネン(100%)キャンバス生地です

生地についてもそうなのですが 縫製の強度も気になりました
製作したのはおよそ2年前 マチ付のバッグで試しています




lbt007.jpg

余った生地で 思いついた重いもの 5kgのお米が入る大きさにしました



lbt006.jpg

(表から 角の部分)
カーテンの取り付け現場で 電動ドライバーやレールの部材を入れたり
打ち合わせの際 カタログを入れたり
スーパーで買い物袋として お米を入れたり
雨の日も晴れの日も かなり手荒く使用しました
平織りなのですが ツイルの様に見えています
(思い付きだったので 生地の織目に合わせて裁断縫製しませんでした)



lbt005.jpg

もち手部分 共生地です
手垢などで汚れていて すみません


lbt004.jpg

もち手と 本体バッグとの 取り付け部分




lbt003.jpg

lbt002.jpg

本来は バッグとして製作するなら 
内側の 側面と底部またマチの部分つなぐ場合は くるむようにパイピングするのがよいと思います
また止まり部分には金属性の部材を使用するなど長くご愛用いただける工夫があります



lbt001.jpg


今回は実験なので カーテンなどのはぎ合わせと同じように 
ほつれ止めのロック+縦縫いです(心配だったので ロックのピッチはちいさくしました)

2年ほど使用してみて
今回の リネンキャンバス生地はやはり強度はあります
縫製の強度については 今のところロックしているウーリー糸の場所は
ほつれたり 切れたりしていませんでした
ただし ロックの横の直線縫製の部分は 切れたりほつれたりしています

個人的に一番気になった 持ち手のとりつけ部分ですが
今のところ 問題ないようです

補修できる場所は補強し または作り直して など
 
コットンやリネンの生地
末長くご愛用いただけるとよい思います










posted by FABRIC-KOUBOU at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生地の耐久性