2014年01月30日

自然素材生地 防炎加工 伸縮

カーテンなどは基本的に 
不特定多数の人の利用する施設などでは(ホテルや店舗・病院など)
消防法により 防炎品
(燃えにくい加工を施しているもの)でなければなりません

今回は 店舗のフィッティングルームのカーテン・美容室のカーテンなどに
リネンなどの生地を利用したいとのお問い合わせも多く
天然素材生地を試験的に 防炎加工業者様に サンプルとして防炎加工をしてもらい
生地の素材感や伸縮率の変化を確認してみました

弊社取り扱いの 代表的な生地(3種類)です
生地の防炎後加工は
まず 生地を水洗いして(油分などを取り除き 防炎材が染み込むように)防炎加工をします



LINEN200 (リネン100%)オフホワイト

bouenn001.JPG

素材感は 見た目にはほとんど変わりはありません
触った感じで多少しっとりした感触がありますが
個人的には気にするほどではないと思います
伸縮につきまして
縦方向で 加工前137.8cm → 加工後133cm  (-4.8cm)
伸縮率 48mm/1378mm×100=3.4%
生地巾方向 加工前95cm → 加工後93.5cm  (-1.5cm)
伸縮率 15mm/950mm×100=1.57%



リネンコットンワッシャー LINCOSWS4545 (リネン55% コットン45%) サンドベージュ色

bouenn002.JPG

素材感は 見た目にはほとんど変わりはありません 
生地色がわずかですが暗くなった感があります
触った感じで多少しっとりした感触がありますが
個人的には気にするほどではないと思います
伸縮につきまして
縦方向で 加工前150cm → 加工後148cm  (-2cm)
伸縮率 20mm/1500mm×100=1.3%
生地巾方向 加工前109cm → 加工後107.5cm  (-1.5cm)
伸縮率 15mm/1090mm×100=1.37%



11号帆布 (コットン100%) キナリ

bouenn003.JPG

素材感は 見た目にはほとんど変わりはありません 
触った感じで多少しっとりした感触がありますが
個人的には気にするほどではないと思います
伸縮につきまして
縦方向で 加工前91.5cm → 加工後91.5cm  (0cm)
伸縮率 0mm/915mm×100=0%
生地巾方向 加工前91cm → 加工後89cm  (-2cm)
伸縮率 20mm/910mm×100=2.19%


伸縮率は カーテンなど生地をを洗濯した場合の縮む目安となりますね
今回のサンプルで 天然素材の生地 0%から4% 縮みを確認しました
(カーテンの仕上がり丈210cmを目安とすると 0mm〜84mm 縮むことになります)

綿や麻などの生地の性質でもあるので
カーテンをクリーニングされる場合は
縮みにくい ドライクリーニングをお勧めします


カーテンの場合

bouenn004.JPG

アジャスターフックを使用しているので
縮みが発生した場合 約30mm程度調整できます
※画像左Bタイプ(レールを隠すタイプでAタイプより丈が長くなる)
Bタイプのフック仕様でカーテンの仕上がり高を決めておくと
30mm程度なら フックを調整して カーテンを縮んだ分だけ下げることができます




また縫製時に 裾の折り返しを12cmとしており

bouenn005.JPG

丈直しで 伸ばすこともできます



天然素材の生地には 長所短所があります
ご理解のうえ ご使用ください

今回の防炎加工につきまして
生地に後から防炎加工することとなるので
洗濯すると防炎の効果がなくなります
洗濯クリーニングした後は また防炎加工が必要となります
防炎加工した場合に 防炎ラベルを付けるのですが
その場合 防炎シールを貼り付けることになります(洗濯すると取れるようにシールの貼り付け)
消防検査では 現場にてラベルの有無で防炎品の確認することが普通なので
防炎ラベルについては ご留意ください

posted by FABRIC-KOUBOU at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然素材生地 特性

2013年05月26日

帆布生地 水通し

自然素材の生地 
使用している間や、洗濯・クリーニングした場合
伸びたり 縮んだりします

今回は 帆布生地にてカーテンを製作して欲しいとのことで
加工縫製する前に 水通しをして 生地を落ち着かせてから
加工しました


hanpu3-001.JPG

弊社で取り扱いしている 帆布11号です
とても丈夫な生地で 11号はよく利用されています



hanpu3-002.JPG

水につけて よくしみこませ かるく押し洗いします



hanpu3-003.JPG

乾燥させます



hanpu3-004.JPG

乾いたら アイロンをかけて しわを伸ばし
カーテンに加工します


今回は ほとんど縮むこともありませんでした
(写真を撮るのを忘れていました)
3つ山ひだのカーテン製作で 2窓 7巾・5巾使用なので 計13枚分 水通しをしました
天候に左右されるので 納期には余裕をいただきます



自然素材の生地は 伸縮するので
弊社では 裾の折り返しを 12cmのW返しとしています

hanpu3-006.JPG

縮んだ場合 この裾部分を利用して 加工直しして補正するようにしています




帆布カーテン 今回は熊本のお客様で 宅配便にて送らせていただくので
加工場にてさげた 画像です
キナリ色で とてもナチュラルな感じです
ヒダたたみをして 梱包して送らせていただきます

hanpu3-005.JPG


自然素材の生地 長所・短所 ありますが
ご理解のうえ 末永くご使用いただけたらと思います


posted by FABRIC-KOUBOU at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然素材生地 特性

2012年06月14日

生地を斜めに使う

リネンやコットンの生地だけではなく
多くの生地は 縦と横の糸で織られています

カーテンやマルチカバーなどの加工をしています
ほとんどが 水平・垂直 で直線仕上げするものが多いのですが

円形仕上げのものや ヒダを曲線のように仕上げるものもあります

今回は平織り生地の 使用する方向による仕上がりの違いについて


tok001.jpg

生地はコットン 100%です

tok002.jpg

生地を横方向にまげて

tok003.jpg

ループ状にしてみます
きれいに曲がらず 角が立っています

tok004.jpg

生地を縦方向にまげて

tok005.jpg

ループ状にしてみます
きれいに曲がらず 角が立っています

tok006.jpg

生地を斜めにまげて

tok101.jpg

ループ状にしてみます
きれいに曲がっています



tok007.jpg

リネン 100%薄手生地

tok008.jpg

生地を横方向にまげて ループ状にしてみます
きれいに曲がらず 角が立っています

tok102.jpg

生地を縦方向にまげて ループ状にしてみます
きれいに曲がらず 角が立っています

tok009.jpg

生地を斜めにまげて ループ状にしてみます
きれいに曲がっています



tok010.jpg

コットン100%厚手生地

tok012.jpg

生地を横方向にまげて ループ状にしてみます
きれいに曲がらず 角が立っています

tok011.jpg


生地を縦方向にまげて ループ状にしてみます
きれいに曲がらず 角が立っています

tok013.jpg

生地を斜めにまげて ループ状にしてみます
きれいに曲がっています





すべての生地にあてはまるわけではありませんが
画像ではわかりにくいですが 実際にやってみるとよくわかります

洋裁などでもよく使うバイアステープは まっすぐ縫い付けるだけではなく曲げたり
様々な使い方をするので よれたりしわになりにくいよう
斜めにカットしてあります



必要に応じて 生地を斜め使いするのですが
使用する生地の要尺が多くなる(金額が高くなる)
チェックやストライプなど柄を優先するなど
状況に合わせて打ち合わせ縫製します








posted by FABRIC-KOUBOU at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 自然素材生地 特性